グリーンピールで高い効果を実感したいなら
東京都文京区白山のオーキッドプレイス
ご予約・お問い合わせはこちら

Blog

グリーンピールのしくみ

グリーンピールの仕組みについて

当サロンでも喜びの声が絶えないグリーンピール。
グリーンピールとは、皮膚科学とハーブの薬効作用を研究開発、植物療法を基にした美肌再生トリートメントです。自分のコラーゲンを増殖させ、お肌の再生(生まれ変わり)を起こして理想の美肌へと導く、リスクのない安心安全なトリートメントで、60年の歴史があります。このグリーンピール、一体どういう仕組みで肌に働きかけるのか、詳しくお伝えしていきますね。

肌の構造とメカニズム

グリーンピールの仕組みをお話しする前に、肌の構造や働き、メカニズムについて知っておきたい基礎知識をご説明します。
まずは、私たちの肌がどのようにできているか見ていきましょう。

私たちの皮膚には「表皮」「真皮」「皮下組織」があります。肌の一番外側にあり、私たちが普段触れている部分が「表皮」です。厚さは平均0.2mmで皮膚を構成する3層の中でも最も薄い層です。表皮はさらに4つの層で構成されており、外部からの異物の侵入を防ぐバリア機能と保湿機能を果たすなど重要な働きをしています。

健康な肌であれば、角質層は15〜20%の水分を含んでいます。私たちが化粧水などで潤いを与えているのはこの角質層の部分です。

美肌は表皮の状態で決まる

みずみずしくなめらかでツヤのある肌を目指したいなら、表皮が健康でなければなりません。角質層が健やかで整っている状態とは、表皮の油分と水分がバランス良く整っていることを指します。つまり、表皮の状態が美しい肌の決定要素となるのです。

そのカギを握るのが、「ターンオーバー」です。ターンオーバーとは、肌の細胞が一定のサイクルで生まれ変わる仕組みのことです。表皮内の一番下にある基底層から肌細胞がつくられ、上へ上へと押し上げられ肌表面に出てきて、最後垢になって剥がれ落ちます。

表皮内でターンオーバーが正常な周期で行われていることで、いらなくなった細胞を角質として排出しては、新しい細胞が生み出されるので、肌は常にフレッシュでみずみずしい肌を保つことができるのです。

また、シミの原因となるメラノサイトという細胞が、表皮には存在しています。シミやくすみ、黒ずみのない透明感のある肌を保つためにも表皮のターンオーバーを正常な周期に整えることが大切です。

真皮層はハリ弾力の源

真皮層は本表皮の下にあり肌の土台ともいえます。真皮層の中には、「血管」「リンパ管」や「皮脂腺」「汗腺」などが通っており、それぞれが関わりあいながら機能しています。
真皮層は、美しい肌に欠かせないコラーゲンを中心にヒアルロン酸やエラスチンなどからできており、ハリや弾力、柔らかさの大もとになっています。

そしてもう一つ、真皮層には重要な細胞が存在します。それが「線維芽細胞」です。線維芽細胞は、美肌の元となる成分(コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン)を作り出し、メンテナンスをしています。
線維芽細胞の働きが活発ですと、ターンオーバーがスムーズになり、健やかでハリのある肌を保つことができます。

逆に、線維芽細胞の働きが低下したり数が減ると、美肌成分も変性したり減少していまいます。その結果、シワやたるみが増えたり、肌トラブルが長引く原因になります。

また、真皮層には毛細血管があります。それを通じて表皮に栄養を与えて、表皮のターンオーバーをサポートする役割を担っています。

オーナーの似顔絵
石川

表皮と真皮層は密接に繋がっていて、美しく健康的な肌を保つためには、どちらも活発に働くことが重要だということですね。少し難しかったかもしれませんが、なんとなくでも肌の構造とメカニズムについて理解しておくと、グリーンピールの仕組みがより分かりやすくなると思います。

グリーンピールはどのように働くの?

それでは、いよいよグリーンピールの仕組みについて説明していきますよ。

シワやシミが増えたり、たるみが出てきたり、肌荒れ、ニキビがなかなか治りにくい…このような悩みの根源は、線維芽細胞に元気がなく、表皮のターンオーバーがスムーズに働いていないからでした。

一般的なエステと言われるものは、表皮のみに対応したトリートメントとなりますが、対して、グリーンピールは、先ほどお伝えした肌の元を作っている真皮層へのアプローチとなります。グリーンピールのハーブは、ニードル状の結晶であるため、毛穴から真皮層までアプローチすることを可能にするトリートメントです。

こちらの記事もおすすめ:
グリーンピールと他ハーブピーリングの違いとは?

ハーブが作用する仕組み

トラブルのある肌状態
コラーゲン・エラスチン・ ヒアルロン酸を生み出す線維芽細胞の機能が衰えたり、数が減ってしまったために、シワ・シミ・たるみが増えてしまう。また、表皮の免疫も弱まることでニキビ等肌トラブルも治りにくい。

グリーンピール導入
ハーブをハンドテクニックで毛穴から導入していきます。このとき、血流とリンパの流れを良くし、ハーブの入りを促すために、リンパドレナージュ法を用いて入れます。
毛穴から入ったハーブは、そのままダイレクトに真皮層まで届き、そこで線維芽細胞の栄養となります。

食物がビタミンやミネラルなどに変換されるのと同じように、ハーブもミネラル成分に変換されるので、細胞に取り込まれることが可能になるのです。

真皮層が元気を取り戻す
ハーブからの栄養を受け取った線維芽細胞は働きが活発になり、コラーゲン・エラスチン・ ヒアルロン酸をどんどん生み出していきます。
毛細血管も健康になるので、表皮にも栄養が行き届くようになり、ターンオーバーの乱れが改善されていきます。

新しく生まれた肌に古い肌(角質)が押し上げられることで起こるシェド(剥離)は、グリーンピール初日を入れて3日目くらいから始まり、数日間続きます。

ベビースキン誕生!
ふっくらなめらかで透明感のあるベビースキンの誕生です!
ハリ、弾力、ツヤのある肌を取り戻した肌は、見た目年齢マイナス7歳肌を叶えてくれます。
肌環境も整うので、肌トラブルも起こりにくい健康的な肌へと導いてくれます。

グリーンピールは肌に負担をかけずに、約5日間でターンオーバーを正常に近づけることが目的です。新しく生まれた肌に古い肌(角質)が押し上げられることで起こるシェド(剥離)は、グリーンピール初日を入れて3日目くらいから始まり、数日間続きますが、アフターケアでほとんどオフされます。

※シェドは全ての方に起こるわけではありません。

まとめ

いかがでしたか?グリーンピールの仕組みについて、少しはご理解いただけましたでしょうか?

石川

食べ物が体の栄養になるのと同じ仕組みで、グリーンピールのハーブもお肌の栄養になって働くんです。だから、やればやるほどお肌が健康でキレイになっていくんですよね。

おすすめ記事

ピーリングのリスクとデメリット

グリーンピールといえば、シェド(剥離)!のイメージがある方も多いのではないでしょうか?グリーピールを受けると、個人差はありますが、数日後、肌にシェドが起こります。このシェドの状態を見て、「グリーンピールもピーリング」と勘 […]

注意事項

グリーンピールトリートメントの注意事項 グリーンピールは安全性の高いトリートメントですが、より安全に受けていただくために、必ず下記の事項をお読みください。 以下に当てはまる方はトリートメントをご遠慮ください ピル服用中で […]

グリーンピールのしくみ

当サロンでも喜びの声が絶えないグリーンピール。グリーンピールとは、皮膚科学とハーブの薬効作用を研究開発、植物療法を基にした美肌再生トリートメントです。自分のコラーゲンを増殖させ、お肌の再生(生まれ変わり)を起こして理想の […]

グリーンピールとハーブピーリングの違いとは?

たびたびお客様から、「グリーンピールとハーブピーリングは何が違うのですか?」というご質問をいただきます。今日は、そのグリーンピールとハーブピーリングの違いについて、お伝えしていきたいと思います。 歴史が違う グリーンピー […]

最近の投稿

住所
東京都文京区白山1丁目
都営三田線春日駅徒歩5分

営業時間
・火〜金:11:00 AM – 18:30(最終受付)
・ 土 :11:00 AM – 17:00 (最終受付)
・ 日 :11:00 AM – 15:00 (最終受付)
月曜定休日

オーナーごあいさつ
大きな手で包み込むようなケアが特徴です。心を込めてキレイのお手伝いをさせていただきます。
>>詳しいプロフィールはこちら